顧問料の繰り越しとはどういう意味ですか?

  • HOME »
  • »
  • 顧問料の繰り越しとはどういう意味ですか?

顧問料の繰り越しとはどういう意味ですか?

弁護士澤戸

たくみ法律事務所の顧問プランでは、プランに応じて月々の弁護士の稼働時間の目安を設定しています。

しかし、「顧問弁護士を全く利用しない月に顧問料を支払うのはもったいない」と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで弊所の顧問契約では、月々お支払いいただく顧問料を3か月を限度に繰り越すことが可能です。

たとえば、スタンダードプラン(稼働時間の目安4時間)を締結していただき、最初の月とその翌月に3時間ずつ弁護士をご利用いただいた場合、3か月目は6時間を目安にご利用いただけます。

なお、弁護士の稼働時間はあくまでも目安であり、超過したからといって直ちに追加の料金が発生するわけではありません

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
お問い合わせ