民泊について

民泊についての近年の動向

原則として、宿泊業を営むためには旅館業法に基づく許可、または国家戦略特別区域法に基づく特定認定を受ける必要があります。

しかし、福岡市では、平成28年12月1日、改正旅館業法施行条例が施行されました。

これによって、旅館業法よりも低いハードルで許可を得ることが可能になり、福岡市では、民泊ビジネスへの参入が簡単になりました

空き家や空室を利用して民泊ビジネスをはじめるチャンスが到来しています

詳しくは、【コラム】福岡市で「民泊」条例、ついに施行~改正条例のポイント解説~をご覧ください。

不動産業の法律問題に関するページ

賃料滞納建物明渡空き家対策民泊支援弁護士費用

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み