保険代理店業に関する法律相談

保険代理店業と弁護士

保険

保険代理店業の法律問題に関しては、これまで保険代理店は募集人が業務委託契約によるものが中心でした。

しかし、委託型募集人適正化により「雇用」「派遣」「出向」の形態をとり、労働関係法規を順守していく必要が有るため、就業規則の整備や、解雇等の労務問題等も今後は重要になります。

さらに、平成28年の保険業法改正施行による機に、保険会社の責任から、個々の保険代理店が責任を問われる時代になってきています。

体制整備等、保険代理店もこれまでより強いコンプライアンス意識が重要になってきます。

ただ、保険代理店に関しては、保険代理店としての法律問題に加え、保険代理店契約者様の法律問題(契約者企業の労務、債権回収、一般企業法務、契約者個人の交通事故等の一般民事等)が多くあります。

契約者様の法律問題を解決することにより、保険代理店としてのブランディングを図っていくことも重要です。

たくみ法律事務所は保険代理店に対するサポートに力を入れており、現在も数多くの保険代理店様と顧問契約・提携をさせていただいております。

詳しくは保険代理店サポートページを御覧ください。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み