個人情報保護

個人情報保護の重要性

個人情報保護

IT技術の飛躍的な進歩により、給与管理や顧客管理、電子取引など、個人情報を取り扱う業務や情報の内容が変わってきています。

そのような状況をうけ、個人情報の保護を図りつつ、パーソナルデータの利活用を促進することによる、新産業・新サービスの創出が必要不可欠となってきました。

昨今の個人情報保護法の改正により、取り扱う個人情報の量が少なく、「個人情報取扱事業者」から除外されていた中小企業でも、法律による義務が全般的に課されることになりました。これまで義務が課されていなかった中小企業は、改正内容だけではなく、法全体を一から理解し、個人情報の安全管理措置を整備する必要があります。

また、個人保護の管理体制を強化するために、セキュリティエリアに監視カメラを設置したり、全業務用PCの端末デバイスを規制するなど、物理的・技術的なセキュリティー体制を構築するとともに、全社員・業務委託先社員に対する情報セキュリティー・コンプライアンス研修を継続的に実施するなど、委託先社員を含めた全社員への個人情報保護等に関する意識の強化が必要となります。

昨今の情報漏えいに対する社会の目は厳しく、一歩対応を間違えれば最悪倒産する事態にもなりかねません。

改正法の理解を深め、コンプライアンスの順守を心がけることが大切となります。

当事務所では、依頼者の状況に応じて、事業活動の実態に合った個人情報保護の安全かつ適切な活利用を提案させていただきます。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み