債権回収における担保権の確保

担保権の確保

契約の際、担保を付けることで債権を保全することができます。

担保を付けることで、万が一、相手方にお金がなくなった場合のリスクヘッジをすることができるのです。

資金繰りが悪化した相手方から債権回収するケースで見てみましょう。

債権回収における担保権確保の重要性

まず、担保を付けていなければ、相手方のキャッシュフローから回収せざるをえず、相手方と交渉して、限られた支払い原資をあなたの会社に振り向けてもらう必要があります。

相手方との交渉が上手く行き、相手方が払ってくれたとしても、後になって否定されてしまうリスクがあります。

他の債権者が、詐害行為取消しや否認をすることで、相手方による支払いが取り消されてしまうリスクがあるのです。

そして、相手方が破産したりすれば、微々たる額の配当がされるだけで、残りの債権が紙切れになってしまう可能性があるのです。

このような事態にならないよう、担保により債権を保全することが重要になります。

担保の種類

①物的担保

会社の土地や建物、重機などのモノを担保にとり、債務者が支払わない場合に、担保にしたモノを強制的に処分してお金に換えたりして債権を回収する方法です。

抵当権や根抵当権、譲渡担保、所有権留保、相殺予約、先取特権などがあります。

②人的担保

連帯保証人、連帯債務者などをつけ、債務者が支払わない場合に、保証人などに対して支払いを請求する方法です。

債権回収に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

1 債権回収の方法
2 債権の保全について
3 担保権の確保について
4 債権回収する場合の注意点
5 当事務所の債権回収における特徴
6 債権回収の解決実績
7 債権回収の費用

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み