当事務所の債権回収における特徴

たくみ法律事務所の債権回収における4つの特徴

迅速な対応

時間

支払い拒否の理由として多いのは、資金繰りが厳しくて払えないというものです。

資金繰りが悪化している債務者から債権を回収しようとする場合、相手方の限られた事業資金を他の債権者と取り合う形になったり、相手方が債務整理手続を取ってしまって回収が難しくなったりします

いち早く、確実に債権を回収するためには、迅速かつ適切な対応が必要です。

当事務所では、事案ごとの事情を熟知するようにし、相談や対応を迅速に行うよう心掛けています。

費用対効果を意識

電卓

弁護士に債権回収を依頼したいと思っても、費用がどれくらいかかるのか、回収額よりも高い弁護士費用を払わなければならないのではないか・・・

このような心配をされている方も多いかと思います。

当事務所では、債権回収業務を開始するための費用である着手金を最小限に抑え実際に回収に成功した場合に頂戴する報酬によって弁護士費用をお支払いいただくようにしております。

つまり、回収できない場合のリスクに備えて、費用負担のリスクを極力少なくしております。

例えば、内容証明郵便を作成して相手方に送付し、数回の交渉をするという内容でご依頼いただいた場合の着手金は、債権額が200万円以下のケースでは、10万円(消費税別)で済みます。

回収可能性の吟味

弁護士

当事務所では、回収可能性を吟味した上で、具体的なケースで最適な手段を選択します。

裁判で勝てるかどうかだけではなく、勝った後に実際に回収できるかどうかを考え、また、裁判以外の手段で回収できないか、相手方の財産として何を対象にできるのかを吟味して対応しています。

  1. 弁護士に依頼しても回収できずに終わってしまうケースがあります
    相手方が自己破産してしまうと、通常、債権回収の見込みはありません。
    また、相手方と裁判をして勝訴判決を得たとしても、相手方に財産がなければ、強制執行がかけられず、判決もただの紙切れになってしまいます。
  2. 一見して資産がないように見えても、直ぐに諦める必要はありません
    相手方が財産を他人名義にしてしまい、他にはもう財産がない・・・
    しかし、場合によっては、まだ債権回収する余地があることがあります。
    そのため、まずは法律の専門家からアドバイスを受ける必要があるのです。

分割支払いの管理

弁護士神田

「今、支払いが厳しいので、今直ぐには全額返せないんです。月◯◯円ずつだったら返せるんですが・・・。」

このように、相手方が分割払いでの返済を申し入れてくるケースは、よくあります。

少しずつでも返してくれるとはいっても、1回当たりの支払い金額が少なかったり、完済までの期間が長くなったりすると、管理が面倒になります。

当事務所では、分割払いによる返済も管理します。

お気軽にご相談ください。

債権回収に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

1 債権回収の方法
2 債権の保全について
3 担保権の確保について
4 債権回収する場合の注意点
5 当事務所の債権回収における特徴
6 債権回収の解決実績
7 債権回収の費用

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み