会社法改正

会社法改正について

改正会社法は、平成26年6月20日に成立し、平成27年5月1日をもって施行されました。

改正の主なポイントとしては、以下のとおりです。

①監査等委員会設置会社の創設

現行法における監査役会設置会と委員会設置会社との中間的な制度として、監査等委員会設置会社制度が創設されました。

②社外取締役等の社外性要件の厳格化

当該株式会社及び子会社の業務執行者等に加え、親会社及び兄弟会社の業務執行者等並びに当該会社の業務執行者等の近親者についても、社外取締役となることができなくなりました。

③社外取締役を置くことが相当でない理由説明の要求

社外取締役を置いていない上場会社等の取締役は、定時株主総会において、社外取締役を置くことができない理由を説明しなければならないとされています。

④会計監査人の独立性の強化

会計監査人の選解任等に関する議案の内容の決定機関を、取締役(会)から監査役(会)に変更され、会計監査人の独立性が強化されています。

⑤多重代表訴訟制度の新設

完全親会社の株主を保護するため、一定の要件のもと、完全親会社の株主が、その完全子会社の取締役等の責任追及を行えるようになりました。

⑥組織再編の差止請求制度の拡充

合併等の組織再編における株主を保護するため、株主は、一定の要件のもと、組織再編の差止め請求を行えるようになりました。

⑦詐害的会社分割によって害される債権者の保護規定の創設

詐害的会社分割が行われた場合の残存債権者の保護を図るために、分割会社が残存株主を害することを知ってした会社分割については、残存債権者は、承継会社に対して、承継した財産の価額を限度として、債務の履行を請求することができるようになりました。

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み