コンプライアンスを守るために

コンプライアンスを守るために

コンプライアンス体制を整え、実践するためには何をどのようにすれば良いのでしょうか。

法令を遵守するといっても、単に重要な法律や条例を守れば良いというだけではありません。

業種ごとに定められた規則や通達等も含めた全ての法規範、予め定められた社内ルールや業務マニュアルのほか社会一般の常識・倫理感などあらゆる決まりやルール・倫理観の全てを遵守することが要請されます。

そして、これらのルールや倫理観に基づき、しっかりとしたコンプライアンス体制を構築することが必要です。

また、いくら優れたコンプライアンス体制を整えていてもこれが実践できていなければ整えた意味が全くありません。

そこで、コンプライアンスの中身を全ての従業員に周知し、状況に応じてそれをチェックすることも大切です。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み