ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 弁護士コラム

弁護士コラム

規制を知らずに飛ばすのは危険!?知っておくべきドローンの規制について(文責:壹岐晋大)

ドローンは、輸送や災害現場での活用などの大きな可能性を秘めている反面、落下事故などが起きる可能性もあります。事業として活用する場合や、単発のイベントで利用する場合にも、ドローンにまつわる規制は知っておく必要があるでしょう。弁護士が詳しく解説します。

働き方改革の余波?労働基準監督の調査が増える!?(文責:山口真彦)

2017年5月に労働基準監督業務の民間委託が提言され、来年度から、36協定未届事業場に対する調査、指導が実施されることになりました。民間委託となったことで、あなたの会社にも監査が入る可能性があります。では、経営者として何をすればいいのか?今回の民間委託の概要やチェックポイントまで、弁護士が詳しく解説します。

[不動産賃貸業向け]不動産賃料の高騰!賃料増額請求するには?(文責:壹岐晋大)

近年、不動産価格が高騰しており、それに伴い賃貸借契約に伴う賃貸の家賃相場も増額しています。ここ福岡でも城南区鳥飼7丁目の地点が全国2位になるなど、福岡も地価、家賃相場も影響を受けています。本コラムでは、賃料増額請求するための手続きについてまとめています。

取締役の個人責任~会社が倒産した時に取締役個人の財産はどうなる?(文責:神田昂一)

会社が倒産。取締役個人の財産も差し押さえられることがある?? 問題事例 企業経営には失敗やリスクはつきものです …

社長が急死してしまった時の注意点と対応策(文責:山口真彦)

社長が急死してしまったら…。中小企業では社長の役割が大きく、社長不在で業務が停止してしまうこともありえます。万が一の時に、どのように行動すればよいか、弁護士が詳しく解説いたします。

おとり広告で措置命令!広告方法は問題ない?(文責:櫻井正弘)

消費者庁は平成28年7月27日、携帯電話業界大手のソフトバンクに景品表示法で禁止される「おとり広告」を行ったとして措置命令を下しました。広告やキャンペーンを行う際は、景品表示法の広告規制に違反していないか、慎重に確認する必要があります。当コラムで、実際の事例の解説などを交え詳しくご説明いたします。

改正消費者契約法の重要点を弁護士が解説します(文責:向井智絵)

2017年6月、消費者契約法が改正されました。改正消費者契約法では、従来のものと比べ、より広い範囲で消費者を保護する内容となりました。この記事では、改正消費者契約法の重要点について、弁護士が詳しく解説しています。

あなたの会社は大丈夫?増加するパワハラ問題-企業の責任と防止策-(文責:桑原淳)

昨今、職場内におけるパワーハラスメント(パワハラ)がニュースなどで取り上げられています。しかし、現実的には、「パワハラ」と「業務上必要な指導・指示」との区別をどうつければよいかがよく問題となります。パワハラの類型、裁判例などを交え詳しく解説します。

その取引条件で本当に大丈夫ですか?-優越的地位の濫用規制(文責:澤戸博樹)

下請法は、実は、独占禁止法を補うための法律で、独占禁止法上の「優越的地位の濫用行為」に該当する行為の一部を取り上げ、類型化・具体化した法律です。この優越的地位の濫用とはどのようなものなのか、具体例を挙げながら弁護士が詳しく解説します。

元従業員への賠償請求 逆に会社に支払い命令-安易な賠償請求は危険?-(文責:向井智絵)

平成29年3月30日、IT会社がうつ病で退職した元従業員の男性に対し約1,270万円の損害賠償を求めていた訴訟で、横浜地裁が会社に対し100万円の支払いを命じました。この事件の詳しい解説、企業がとるべき注意点などを弁護士が詳しく解説いたします。

1 2 3 6 »
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み