弁護士法人たくみ法律事務所の壹岐です。

ニュースレター第10号を配信いたします。

今月号は取締役の個人責任についてです。

会社の「取締役」には、会社に対する賠償責任や第三者に対する直接の賠償責任を負う場面があります。

どのような場面で取締役が責任を追求されることがあるのでしょうか?

裁判例を紹介しながらわかりやすく解説します。

ニュースレターを読む

連載コラムは引き続き契約書についてです。

今回は、まとめとして、契約書チェックをする際にどこを見るべきか、という点をこれまでの内容を踏まえて説明します。

これまでの内容を見ていない方も、これだけチェックすれば(おそらく)大丈夫です。

連載コラム-中小企業が取り組むべきリスクマネジメント 第7回
ここだけ見る!契約書:まとめ編-契約書チェックリスト-

ここだけ見る!契約書の連載コラムを3回にわたって解説してきましたが、最後に契約書のチェックポイントをまとめておきたいと思います。

契約書には様々な種類があり、その種類によってチェックするポイントは異なりますが、どのような契約書でも一般的にチェックが必要な点をポイントとしてまとめています。

このチェック自体が難しい場合もありますが、一つの参考にしてもらえればと思います。

○契約書のチェックポイント

1.形式編[第4回]

  • 表題:タイトルが実態の契約に即しているか?
  • 印紙:課税文書か?印紙の額があっているか?
  • 用語:用語は統一されているか?
  • 締結権限:記名押印した者は締結権限があるか?
  • 押印:契印等押印に問題はないか?

2.条項編

  • 権利義務の内容:契約内容にあった権利義務(対象となる物・サービス等)が明確に定められているか?
  • 期限・存続期間:契約に期限、存続期間がある場合、それは明確に定められているか?
  • 解除:解除条項はあるか?解除の条件は明確か?
  • 損害賠償:損害賠償条項はあるか?違約金の定め等は不要か?[第5回]
  • 秘密保持条項:秘密保持義務は必要か?契約終了後の処理方法が決まっているか?
    →参考:IT業が注意すべき秘密保持契約
  • 連帯保証:連帯保証は必要か?
  • 知的財産権:特許や著作権等の問題は発生しないか?権利関係は明確か?
  • 費用負担:契約の履行に関して費用が発生する場合に、その基準は明確か?
  • 準拠法:準拠法が問題になるか?準拠法の規定は明確か?
  • 合意管轄:専属的管轄合意ができているか?[第6回]

3.その他

  • 法律違反:法律に違反していないか(関連業法、借地借家法、下請法等)
  • 消費者契約:消費者との契約の場合に消費者三法(消費者契約法、特商法、割販法)との関連で問題はないか?

ニュースレター紹介 No.10

ピックアップLAW NEWS「取締役の個人責任」

取締役が個人として責任を負う場面があるということはご存知でしょうか?

大企業だけの話?ではありません。

最近はセクハラ・パワハラがあれば、ハラスメントを起こした加害者のみならず、会社、役員も訴えられる時代です。

どのような場面で問題となるかわかりやすく解説します。

TOPICS「とっても怖い、不動労働行為問題」

「アリさんマークの引越社が問われた不当労働行為って何?」

アリさんマークの引越社に対し、東京都の労働委員会から救済命令が出されたのはご存知でしょうか。

労働組合の問題は過去の話ではありません。

労働組合とは?不当労働行為とは?救済命令って何?といった疑問に答えます。

たくみの日常「たくみ法律事務所の夏合宿(前編)」

9月にたくみ法律事務所の夏合宿が志賀島で行われました。

毎年夏に合宿を行い、目標の発表や成果に対してのフィードバックが行われます。

その様子を簡単に報告します。

ニュースレターを読む

47都道府県。何県行ったことありますか?

こんにちは。

壹岐です。

ソフトバンクホークス、広島カープぶっちぎりで優勝しましたね。

山口出身者としては間に挟まれた山口も準優勝したようなものです。

話は変わりますが、数年前より個人的に47都道府県制覇の旅を行っております。

皆様はどのくらいの県に行ったことがあるでしょうか。

始めた当初は残り20県ほどでしたが、着実に進んであと残り4県です。

当然通り過ぎるだけではカウントされません。

しっかりと何か観光することが条件です。

残り4県は、香川・高知・岩手・富山です。

制覇に向けて、10月に香川・高知の旅を敢行します。

富山・岩手はいつになるかわかりませんが、よい観光地がありましたら、ぜひ教えてください。

顧問契約のご案内

弁護士法人たくみ法律事務所は、顧問契約には以下の特徴があります。

  1. 費用の繰越が可能
  2. 福利厚生活用-広範囲の方の利用OK-
  3. 弁護複数人体制
  4. スピード対応-原則24時間以内対応-
  5. 情報提供-法律情報を詳しく解説-
  6. 来所不要-電話・メール相談OK-
  7. セカンド顧問OK

顧問契約の内容についてわかりやすくまとめておりますので、ご興味のある企業様は「顧問契約のご案内」をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
弁護士法人たくみ法律事務所
代表弁護士:宮田 卓弥
弁護士  :桑原  淳
弁護士  :壹岐 晋大
弁護士  :向井 智絵
弁護士  :神田 昂一
弁護士  :櫻井 正弘
弁護士  :澤戸 博樹
弁護士  :山口 真彦
〒810-0004
 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号
 NMF天神南ビル10F
TEL 092-724-4848   FAX 092-724-2616
事務所サイト:http://www.miyata-law.com/
企業法務サイト:http://www.takumi-corporate-law.com/
交通事故サイト:http://www.miyata-kotsujiko.com/
後遺障害サイト:http://www.miyata-kouishougai.com/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について


お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約