顧問契約締結後のイメージ

顧問契約締結後の流れ

顧問契約締結後は、いつでも、メール、電話、FAX、面談等により法律相談が可能です。

たとえば、契約書チェックをご依頼いただく場合の流れについてご説明します。

①貴社からまず契約書(案)をPDFにてメール(又はFAXで送っていただきます

関連文書や取引の概要もセットで送っていただくとスムーズです。

②その後、弁護士からメールや電話にて具体的なビジネスの内容についてお伺いすることがあります。複雑な場合は面談をお願いすることもあります

実は、契約書のチェックは単に文言がどうかというよりも、これから行われようとしているビジネスに潜む法的な問題はなにか、そしてそれを回避できるような条項がきちんと設けられているかを確認していく作業となります。

そのため、弁護士も具体的なビジネスの内容を把握していなければ、契約書で法的な問題を回避するという目的が達成できません。

弁護士がビジネスの内容を聞き取るのはこのためです。

③弁護士からメール又はFAXにて、契約書の問題点や追加または削除した方がいい条項などをアドバイスいたします

実は、取引先から提示された契約書の場合、貴社に不利な条項が盛りだくさんの場合があります。

その場合、簡易な契約書であれば、弁護士が一から作り直すこともあります。

④貴社から契約書の修正案に対する疑問点や不明点などがあればご連絡いただきます
この際、ビジネスの実態に合わせて、契約書を再修正することもあります。
⑤修正された契約条項を元に取引先と契約条件について交渉していきます

交渉自体は貴社にて行っていただくこととなりますが、個別でご依頼を受ければ弁護士が代理交渉することも可能です。

簡易な契約書チェックであれば、①~⑤まで、早ければ当日中、遅くとも3日程度で完了いたします。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み