違反してるかの判断が難しい著作権法

著作権法について

コピーライト

著作権という言葉を知らない方はあまりいらっしゃらないと思います。

しかし、どのような場面で著作権が問題になるかまで把握されている方は意外と少ないのではないでしょうか。

刑事罰のある完全にアウトな事例から、民事の賠償責任のみが生じる事例、民事的に賠償請求までされるかは微妙なものの、コンプライアンス上問題がある事例など、その程度問題には大きなグラデーションがあります。

特に、コンプライアンス上問題となりうる事例は、一般の方から見て「それが問題になること」自体に気づくのが難しいケースが多いです。

たとえば、とあるアーティストのファンが作ったバーに雑誌の取材がきたとします。

店内にはそのアーティストのグッズが所狭しと並べられていました。

では、そこで撮影された写真が雑誌に掲載された場合、どこからが著作権法的に問題になるのでしょうか。

  • 被写体は店長。背景に写り込んだ場合?
  • 店長がグッズを持って撮影した場合?
  • グッズをメインで撮影した場合?

著作権法は、違反しているか否かの判断がかなり難しいです。

そして、その判断のたびに弁護士を雇うコストは見合いません。

顧問弁護士ならば、いつでもご相談が可能です。

速やかに回答し、コンプライアンスを守ることが可能となります。

大きな問題となる前に、リスクヘッジとしてたくみ法律事務所を貴社の顧問弁護士としてご活用ください。

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

たくみ法律事務所の顧問契約の6つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3
  • 特徴4
  • 特徴5
  • 特徴6

セカンド顧問について

お問い合わせはこちら

企業側・使用者側専門の弁護士にお任せ下さい新規予約専用ダイヤル24時間受付中!メールでの相談予約


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
ニュースレター購読申し込み